今日における教育のあり方

教育とは指導者が生徒や後進に知識や技能を伝え育成を図ることです。
専ら学校での指導のことを指す場合が多いのですが、一般社会でも会社の先輩社員が後輩を育成する際に用いたりします。
子供の場合小中学校にて義務的に基礎知識の習得が促され、ここで社会生活を円滑に営むための読み書きや計算といったスキルを身につけます。
高校や大学ではより高度になり、それぞれの関心や進路に合わせた科目や講義の修了が求められる傾向にあります。
社会人に至っては主に会社にて研修や勉強会といったことが開かれ、関連する業種の熟練者が自身のそれまでの経験や資格、スキルなどを活かし指導を担当します。
場合によってはOJTといって、特に中途採用にて採用された人が実務を通して業務を覚えていく指導法も普及しておりコストや教える労力の削減に貢献しています。
今日では社会人向けの大学院や専門学校があるなど世代問わずに学ぶ機会が多くなっています。
その意味で人は生きている限り学び続ける存在であるといえます。

Just another WordPress site